コンテンツへスキップ

「ハリーポッターと賢者の石 」から始まり「ハリーポッターと死の秘宝」で完結した、ハリーポッターシリーズが大好きです。

 

好きな理由の1つは、映像の素晴らしさです。1作目を初めて見たとき、CGを駆使したダイナミックで美しい画面に度肝を抜かれました。ただの子供用のファンタジー映画ではなく、大人が見ても十分すぎるほど満足することができます。1作目以降、このシリーズにはまり、毎回欠かさず映画館に行くほどのファンになってしまいました。

 

また、ハリーたちが話す英語が、イギリス英語なのも気に入っています。英語の教材としてもためになる映画です。 ハリーポッターシリーズは同じイギリス英語でも、さまざまな地方の訛りが入った英語を話す人物が登場し、上流階級と下流階級の人物が話す英語は全然違うのも聞いていて面白いです。 特にハリーとハリーの親友ハーマイオニーの話す英語は美しいクイーンズイングリッシュで、大変英語の勉強になります。魔法関係の難しい単語もたくさん出てきて、聞き取りが困難ですが、内容が面白いので何度でも繰り返して見ています。

 

1作目では小さな子供だったハリーたちが、シリーズが進むにつれて急激に成長してしまい、恋愛もするようになり、少しの寂しさも感じながら、大事に見守りたいと思える作品でした。

 

作品中でハリーの大切な人をどんどん殺していってしまう残酷さに、作者を憎むこともありました。それくらいこの映画にのめり込んでいたのだと思います。 ハリーポッターの物語が完結したとき、ほっとしたのもつかの間、もうこのシリーズが見れないのだという強烈な喪失感に襲われました。

 

いつか私の子供が大きくなったら、ハリーポッターシリーズを繰り返し見せて、ユニバーサルスタジオジャパンに連れて行き、ハリーポッターのアトラクションを一緒に楽しみたいと密かに計画しています。